ゲーム実況撮影環境

撮影環境

海賊無双3を画面分割で2人で実況した環境構築

更新日:

ツカです。

今日はかくぞーとワンピースの「海賊無双3」を撮影。

複数人でゲーム実況をするときに難点なのが録音の方ですな。1つの画面を複数人で実況する環境を書き残しておく。

 

画面1つ、複数人で実況する環境

PS4からのゲーム音声はHDMIでIO-DATAの「GV-HDREC」というキャプチャーボードに流している。※もちろん映像はこいつで録画している。

GV-HDRECにはヘッドフォン端子が付いているのでここから音声をとりミキサーへ。

ミキサーからベリンガーの「HA400」というヘッドフォンアンプに接続して音声を分配し、最大4人で同じ音声が聞ける状態になる。

 

そして、声はAKGのコンデンサーマイク「P420」から、steinbergのオーディオインタフェース「UR22 mk2」に接続し、UR22のUSB端子からmacbookに接続する。

macではDTMソフトのcubaseを立ち上げて、録音している音声をそのまま返す設定にする。出てきた音声はUR22のヘッドフォン端子から出力しミキサーへ。※音声はもちろんcubaseで録音する

 

これでHA400からはゲーム音声と自分たちが発する声の両方が流れ、最大4人までに同じ音声を分配できる環境が整う。※ちょっとコストが痛い(笑)

 

この環境で録音、録画すると以下の2つのファイルが手に入る。

①音声込みのゲーム映像

②声のみの音声

この2つを動画編集ソフトの「finalcut」に取り込んで編集するわけですな。

↓動画編集するかくぞー

かくぞー

 

上で紹介した機材は安いもので代替できるので色々探してみてほしい。うちはバンドやってる関係でもともとcubaseやP420、UR22があった。cubaseは無料ソフトで代用可能。コンデンサーマイクは5000円程度で十分。オーディオインタフェースもマイクのみのものなら安いものがある。問い合わせでもしてくれれば暇な時は直接答えるので絡んでちょ。

 

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.