自作PC

CPU不良だとファンは回るが映像は全くでなかった

投稿日:

SLOPPYのツカです。配信用のPCを新調しようと、はじめての自作PCを組んでみました。

とりあえず、「マザボ、メモリ、電源、CPU」の最小構成で起動したところ、電源が入ってファンは回るが映像(ロゴやbios)が出力されないという現象に…。

あと、電源ボタンを押しても電源が落ちない→ハングアップ(フリーズ)している状態です。マザーボードの出力端子がぶっ壊れてるだけなら電源ボタンおせば電源切れますからね!

とは言ったものの…

 

CPU不良でした。

代えのパーツなんか無いし、いくら考えても解決するわけじゃない。いじったところで何も変わらない!!

というわけでドスパラに持ち込んでみてもらったところCPU不良でございました。

最小構成なので、「マザボ、メモリ、電源、CPU」のどれかが不良なのは当たり前ですが、電源はいってればまぁ電源だいじょうぶでしょうか。

で、最小構成で動かなかったらもう、いろいろ変えるの面倒じゃろ?CPU載せ替えてとか、物がないかもしれないし。マザボとかもうね。無いわけで。

 

ドスパラの診断500円が神

ドスパラにPC持ち込むと500円でPC診断してもらえます。これめっちゃ便利。

マザボ、メモリ、CPUの障害切り分けって言っても、パーツ全然持っていない人じゃどうにもならないわけです。パーツが無い状態で、どこが悪いんだろうなんて考えまくっていじって1時間過ぎるくらいなら、パソコンごと秋葉原持って行ってしまいましょう。

買取コーナーでばしばしっと故障個所を調べてくれて、500円。安すぎじゃない?大丈夫?

 

まとめ

CPU不良だと映像が出力されず、ファンが回っている状態になります。2~3回再起動を繰り返したりする感じにもなってましたね。

あと、ハングアップしてるから電源ボタン押しても電源が落ちない。

ドスパラに持ち込むとサクッと悪いところがわかります。んで500円という破格。自作して上手くいかなかったら考えずに持ち込むべし。

 

今回は以上です、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-自作PC

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.