Final Cut Pro X 編集

finalcutユーザーに超絶おすすめのマウス[logicool M590]

投稿日:

どもどもツカです。

sloppyでは動画の編集にfinalcut使ってます。

今までロイロスコープ、プレミア、AviUtl、windowsムービーメーカーなどいろいろ使ってきましたが、ある程度の自由さと、ある程度の簡単さという絶妙なバランスが心地よいのでfinalcutを選んでます。カットしたり、テロップ入れたりがすごく簡単なので良いです。

編集の流れは、カット→テロップ入れ→装飾、という感じなのですが、カットはとても時間がかかります。

体感で動画全体を3~4回見直すくらい時間がかかってしまいます。面白いところだけ抜き出してタイミングをはかるとどうしても。

そこで、時間を短縮するために試行錯誤してるんですが、その中のひとつが「logicool M590」です。無線のマウスですね。3500円くらい。

 

logicool M590のここがすごい!

まず一番良いのは2PC間でのデータのやりとりですね。2PC間でファイルのドラッグ&ドロップができてしまいます。

flowだったかな?画面の端っこにカーソルをもっていくとBluetoothの接続が切り替わります。

画像とかをドラッグして画面の端っこにもっていくと、別のPCに表示されてそのままドロップすることでコピーができちゃう。

とんでもないらくちん機能です。

 

もう一つは、マウス設定用のソフトに、はじめからキー割り当て機能がついてます。

左側にボタンが2つありますが、1つを「カット」、2つ目を「削除」のキーを割り当てることで、「ボタンいっぱつでカット、もう1回で削除」が実現します。

ほぼマウスだけでカット編集作業ができてしまう!!

めっちゃらくちんです。

 

最後に手触り。マット感が素晴らしい。

以上w

 

ちなみに、ファイルの移動はwindows&MAC間でも可能です。これ最強。

ぜひお試しあれ^^

 

うちは赤と黒の2つを使ってまっせ。

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-Final Cut Pro X, 編集

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.