編集

finalcut pro XでMP4形式で共有(書き出し)する方法

投稿日:

ファイナルカットでMP4書き出しをしようと思ったんですが、Appleお得意の差別化なのか「MP4」という言葉が見つからず、ネットで検索しても詳細がなかったのでちょいと詳しく説明していこうと思います!

YouTubeとかはmovファイルでもいいんですけど、ちょっとした動画をtwitterに上げたいとかってなると、PCからはMP4しか使えないので覚えておくと便利^^

FinalCutPro XでMP4共有(書き出し)!

まずはMP4形式で共有(書き出し)できるテンプレを作ります。

ファイル→共有→出力先を追加、を選んでください。

つぎにMP4にしたい出力先を選んで、フォーマットを「コンピュータ」にしましょう。これがMP4で出力するための設定です。

私の場合は、普段使うマスターは高画質のmovファイル用にしてありまして、一番下のtwitterって出力先にMP4を設定しています。

設定ができたら、いつも通り、

ファイル→共有→先ほど設定を変更した出力先を選択、これでMP4のファイルが出来上がります!

 

なぜMP4と呼ばずに「コンピュータ」なのかは不明(Appleはwindowsでよく使われている言葉とは別の言葉を使って差別化するのが好き。正直面倒。)ですが、とりあえずフォーマットを「コンピュータ」にすることでMP4の拡張子でファイルを作ることができます。

お試しあれ!

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-編集

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.