MonsterX U3.0R

MonsterX U3.0Rのドライバー選びとOBSへの表示

更新日:

MonsterX U3.0Rを購入してから、OBSで使えるようになるまでを解説していきます。

①ドライバーをインストールする※注意 新しいドライバーが安定しないので古いものをインストールします

②OBSのソースに「映像キャプチャーデバイス」を追加する

これだけでOBSに表示できるようになります。難しいことはありません、参考にしてください。

MonsterX U3.0Rのドライバーをインストールする

Monster Xの箱の中にドライバーCDが入っていますが、CDは使いません。メーカーのHPからドライバーをダウンロードしてきましょう。ドライバーは一番新しいものは安定しません。映像が取り込まれないことが良くあります。3番目に新しいやつを使いましょう。

ドライバーのダウンロードはここから→monsterx ドライバー

↓の画像の赤丸のドライバーをダウンロードしてください。

あとは、解凍してexeファイルを実行し、インストールしていきます。インストールの最後で「機器を接続してください」と言われたときに、すでにMonsterXをPCに接続していると処理が止まります。いったんUSBを抜き差しすることで再度インストールが進みます。

これでPCがMonsterXを認識して、OBSに取り込まれるようになりました。

 

OBSのソースに「映像キャプチャーデバイス」を追加する

OBSstudioを立ち上げていただいて、ソースの空欄を右クリック。「映像キャプチャーデバイス」を選択してMonsterXを選びましょう。

これで完了ですが、映像が録りこまれるまでちょっと時間がかかったり、映像がとりこまれなかったりします。ソース欄の「映像キャプチャーデバイス」を右クリックして、プロパティからMonsterXを選び直すとちゃんと映るようになる可能性があります。

このへんの安定性が悪いのはMonsterXの悪いところですが外付けでコスパ最強なので見逃してやってください。ソースの追加や詳しいことはこちらの記事を参照ください→PCにキャプチャーボードを接続してゲームの映像をOBSに入力

 

まとめ

USB3.0じゃないと利用できないのとPCスペックを要求するところが難ありですが、画質が良く、送信するデータ量が多いためこれくらいは仕方がないことだと思います。この値段でしっかり使える外付けはMonsterXだけなのでおススメです。

今回は以上です、最後までお読みいただきありがとうございました!

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-MonsterX U3.0R

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.