撮影環境

OBSでdiscordの音声とゲーム音を別々に調整する方法

更新日:

SLOPPYのツカです。音量調整悩んでますか?納得できない日々が続いていますか??

「ゲーム音」と「discordの音声」を別々に調整したいことありますよね。これを実現していきます。

「OBS上ではゲーム音とdiscordの音声が「デスクトップ音声」として混ざっているので音の調整ができない」とか、「PUBG配信してるけど、配信しているdiscordの音量が小さくて困っている」とか。一つ一つのアプリやツールの音声や音質の調整を別々に行いたいときはこちらの記事を参考にしてください。

 

やり方は3つあります。

①USB出力デバイスを接続して「音声出力キャプチャ」&モニタリング

②USB出力からのイヤホンを先に耳に仕込んで、上からヘッドセット装着

③ミキサーを使う(コストがかかる)

1つずつ解説していきます。

基本はPC内でdiscordとデスクトップ音声の出力先を変えてあげて、同じ耳に戻す!ということができれば完成なのです。

自分が聞いている音と、配信の音声を別々に調整したい場合は別記事参照です→ミキサーを使えば配信中の音量を変えずに聞いている音量を変更できる

 

まずはUSBの音声出力を用意する

PC内で音声の出力先を増やすために、USBの音声出力デバイスが必要になります。今のところ信用できて一番安いのがバッファローのUSBデバイスですね。これ1つ持っておけば配信にはかなり便利でございます。

これをPCに取り付けるところから、複数人での実況が始まると言っても過言です

 

①USB出力を接続して「音声出力キャプチャ」&モニタリング

1.PCにUSB出力デバイスを接続する

2.discordの出力先を取り付けたUSB出力デバイスに変更する

3.OBSで「ソース」欄を右クリック→「追加」→「音声出力キャプチャ」→USB出力デバイスを選択

4.ミキサーの歯車マークをクリック→「オーディオの詳細プロパティ」→「音声出力キャプチャ」の音声モニタリングを「モニターのみ(出力はミュート)」に変更

「モニターのみ(出力はミュート)」にするとデスクトップ音声からdiscordの音が流れます。「音声出力キャプチャ」は音量メーターは動きますが、配信の音には乗りません。モニター音としてデスクトップ音声にMIXされて配信されます。

※discordの音声出力先の変更方法はこちらの記事前半で解説→http://sloppy-games.com/?p=537

これでdiscordの音声とマイク、デスクトップ音声を別々に変更できます。discordの音声が小さい場合は「音声出力キャプチャ」の音声フィルタに「ゲイン」を入れればOKです。

PCのUSB端子にバッファローさんを接続するだけで、PCの音声出力先が追加され、discordの出力先にも追加されますので簡単です^^お金をかけないならこれが一番です。

 

②イヤホンを先に耳に仕込んで、上からヘッドセットする方法

1.音声出力先をUSBから1つ増やしてイヤホンを繋ぎます。

2.discordの出力先を取り付けたUSBの音声出力に変更します。

3.OBSで「ソース」欄を右クリック→「追加」→「音声出力キャプチャ」→取り付けたUSBを選択

4.イヤホンを先に耳に仕込んで、上からヘッドセット装着

ちょっと耳とコードが煩わしいですが、これでできます。イヤホンを持っているなら一番お金がかからない方法です。

 

③ミキサーを使う(コストがかかる)

1.PC→USB出力→片側がイヤホン端子、片側が赤白端子のケーブル→ミキサーと接続します。

2.PCのLINE出力→片側がイヤホン端子、片側が赤白端子のケーブル→ミキサーと接続します。

3.discordの出力先を取り付けたUSBの音声出力に変更します。

4.OBSで「ソース」欄を右クリック→「追加」→「音声出力キャプチャ」→取り付けたUSBを選択

5.ミキサーから音声を聞く

これはミキサーを購入し、ケーブル類もたくさん必要なのでお金がかかります。ただ、この構成が作れれば配信の音声と、自分が効いている音声を別々に音量調整できるのでとても便利です。

揃えるものは、

  1. USB音声入出力
  2. ミキサー
  3. 3.5mmto赤白ケーブル x2つ

ミキサーが5000円、ケーブルが2本で2000円くらいです。ミキサーを使った構成はこちらを参照してください→ミキサーを使えば配信中の音量を変えずに聞いている音量を変更できる

 

この件はYoutubeチャンネル「YORO覇武慈奮闘記」のYOROさんからの質問で記事にしました。あざす!

 

今回は以上です、最後までお読みいただきありがとうございました!

→OBSの使い方と問題解決まとめページに戻る

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.