MonsterX U3.0R

PCにキャプチャーボードを接続してゲームの映像をOBSに入力

更新日:

OBSの基本がわかったら、次はキャプチャーボードから映像を取り込んでOBSに入力してみましょう。この記事では、ゲーム機(PCも含む)から外付けキャプチャーボードを使ってPCに接続し、OBS側で表示させる設定を解説していきます。

接続方法

つなぎ方は、

ゲーム機(PCも含む)→HDMIケーブル→キャプチャーボード(MonsterX)→USBケーブル→PC

となります。

PS4やswitch、PCについても同じつなぎ方で大丈夫です。キャプチャーボードにはUSB端子とHDMI端子がついていますので、USBは配信録画するPCへ接続し、HDMIはゲームをするためのモニターへ出力します。

配信用PCにつなぐモニターも必要ですので、複数のHDMIを切り替えられるモニターを用意するか、モニターを2台用意すると楽です。

また、PCゲームの配信録画はPCを2台利用するとカクカクすることなく録画ができます。1台でも可能ですが、かなりスペックを求められます。1台でやるよりも、2台買ったほうが安くなります。※PS4などのゲーム機から出力する場合はPC1台で大丈夫です。

 

OBS側の設定

まずは「シーン」を追加してみましょう。シーンの欄を右クリックして「追加」を選びます。

シーン名を入力するウィンドウが出てくるのでとりあえず「テスト」とします。

次に、ソースの欄を右クリックして「追加」→「映像キャプチャデバイス」をクリックします。

ソース名は「キャプチャー」としましょう。

デバイス欄から「MonsterX」と書かれているものを選びます。

以上でOBSの画面にゲーム画面が取り込まれるようになりました。

PS4の電源を入れたり、ゲームを立ち上げておけば、ゲーム用のモニターに映っているものがそのままOBSに取り込まれます。

 

とりあえず録画ができるようになりましたので、この記事はここまでです。お疲れさまでした!

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-MonsterX U3.0R

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.