撮影環境

キャプチャーボードで録画が途中で止まる時に確認すべきこと

更新日:

ゲーム実況を始めた当時は、PCを使わないキャプチャーボードGV-HDRECを使っていました。PCを使わないキャプチャーボードはSDカードで録画することが多いと思いますが、その場合録画が途中で止まってしまう問題が起こります。

途中まで録画できていた動画のサイズがだいたい4GBくらいで止まっていたら要注意。それはSDカードやUSB機器の仕様で長く録画することはできないのです。まずは32GBなどの低容量のメモリやカードを使っていないか確認し、もし使っているようなら止まってしまった動画のファイルサイズを確認してください。4GB程度で止まっていたらこの記事の現象に当てはまっています。

小さい容量(32GB以下)のSDカードやUSBメモリで録画している時に起こる問題で、フォーマットの形式が原因で1つのファイルにつき4GBまでしか録画ができないのです。今回は解決方法をお伝えしていきたいと思います。

 




32GBのSDカードやUSBメモリでは4GBまでしか録画できない

まず、32GBのSDカードやUSBメモリを使ってないか確認してください。使ってたら4GBまでしか録画できません。これはフォーマット形式の問題で32GB以下のものを使っている以上フォーマット形式を変えることもできません。

もしきれいな映像で長く録画したいなら64GB以上容量のあるものを使ってください。おすすめは外付けHDDを買ってしまうのが安く、動作も安定しています。GV-HDRECであればUSB接続できる端子があるので、外付けHDDを買ってきて差し込むだけで使えます。今では1TBのHDDが1万円しなかったりしますから、64GBのUSBメモリよりも安いなんてことはザラです。外付けHDDおススメです^^

 

フォーマット形式「 FAT32」は1ファイル4GBが最大

もう少し深くお話していきます。USBやSDカード、HDDなどはデータを受ける器の形があります。これをフォーマット形式と呼びます。32GB以下の記録媒体は器の形が「FAT32」というフォーマット形式が通常です。FAT32は1つのファイルあたり最大4GBまでしか記録することができません。これは仕様なのでどうすることもできません。ですから、動画ファイルの大きさが4GBに達すると勝手に録画が止まるのです。

4GB以上録画したいのであればexFATという形式にしなければいけません。しかし、exFATは32GBより大きな容量の記録媒体でしか設定することができません。大きな容量の記録媒体を用意するしかないということですね。持っていない場合は新しく手に入れるしかありません。

ただ、SDカードやUSBメモリは32GB以上のものがとても高額です。例えば256GBのSDカードになると最安でも1万円以上します。サイズは大きくなりますが、外付けのHDDであれば1TBで7000円程度で購入できます。全然安いし、PCでも使いやすいので外付けを使っていきましょう!

 

解決策と注意事項

解決策は64GBとかの大きな容量の記録媒体を用意すればいいだけです。別の方法としてはPCに直接接続するタイプのキャプチャーボードを使って、PC内部のHDDに書き込むのが安定です。

最近は1TBのHDDのバリエーションがとても増えてきていて、デザインを選ぶのが楽しくなってきましたね。動画を撮り続けて、編集したものを保存しておくのですが、容量がいっぱいになったら新しいものを買うのが楽しみになっています(笑)以下おススメのHDDをご紹介しますので、よかったら使ってみてください^^

 

まとめ

録画が4GBくらいで止まってしまうなら、外付けHDD買って対処するか、PCに接続するタイプのキャプチャーボードを使ってHDDに書き込むようにしましょう。今回は以上です!

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.