未分類

PCにマイクをつないでOBSに声を入力する方法

投稿日:

OBSのことが一通りわかったら、まずはPCにマイクをつないで声を入力してみましょう。

この記事では、マイクをPCにつなぐ方法と、マイクを通した声をOBSに入力する方法をお伝えしていきます。

マイクの入力とか簡単なこと説明すな!って人はOBSのまとめページでさらなる知識を得てください→OBSの使い方と問題解決まとめページ

 




マイクをPCにつなぐ方法

つなぎ方は、「①USBでつなぐ」「②マイク端子につなぐ」「③オーディオインターフェースを使う」です。

③が最強、①②は楽って感じです。

①USBでつなぐ

良い音で録音するには「コンデンサーマイクが必須だ!」と言い続けていますが、最近USBで接続するだけのめちゃくちゃ安いコンデンサーマイクが流行ってきています。ゲーム実況だけじゃなく、discordなどの通話アプリが普及したので、PCに声を入力する機会が多くなってきたんでしょう。

amazonで「コンデンサーマイク USB」と検索すると1000円台から出てくるので、本当に安いです。

本物のコンデンサーマイクはファンタム電源というオーディオインターフェースなどを通した電源が必要で、音質について言えばさすがに敵わないのですが、それでも手軽さや安さを考慮すると「使えるやーつ」といえるでしょう。コストを安く抑えるなら迷わずUSBコンデンサーマイクを選んでください。

また、ヘッドセットを用意すれば音声を聞くこともできますので、これが一番楽かもしれません。ヘッドセットもコンデンサーマイクのものを選びましょう。

後で説明しますが、音声の設定をするときにイヤホンかヘッドホンを2つ用意する必要があります。もし2つなければ今のうちヘッドセットを購入しておくのも手かと思います。

 

 

②マイク端子につなぐ

ほとんどのPCにはマイク端子がついています。ここにPC用のマイクを差し込んで使う方法です。

「PC用 マイク」と検索すればたくさん出てくると思います。

しかし、ここにつなぐマイクはダイナミックマイクと言って、あまり音質の良くないマイクです。※入力可能な帯域制限が強いという意味で。

USBでつなぐよりも、「PCへの負荷は少ないのでゲーマーはこっちを使え」と言われたりしますが、それは昔の話。今はUSBマイクに使うPC不可なんて鼻くそ程度なので気にしなくてOKです。

どうしてもこだわりのある人だけマイク端子を使って入力するとよいと思います。

 

③オーディオインターフェースを使う音質最強、超おすすめです。

安いものでも良いのでオーディオインターフェースを用意して、「コンデンサーマイク→オーディオインターフェース→PC」という順につなぐ方法です。

コンデンサーマイクとオーディオインターフェースはXLRケーブルでつなぎます。オーディオインターフェースとPCはUSBケーブルでつなぎます。

めちゃくちゃ簡単ですが、コストがかかります。安くあげようとしても、コンデンサーマイクが5000円、XLRケーブルが2000円、オーディオインターフェースが5000円、合計で12000円かかります。

でも、音質に関する悩みはぶっとんでいきます。

詳しい話は別記事に書いたのでぜひ読んでみてください→OBSの設定をいくらいじっても音質が良くならない理由

 

マイクを通した声をOBSに入力する方法

マイクがつながったらOBSに入力してみましょう。

ミキサーのマイク欄の右にある歯車のマークをクリックして、プロパティを選びましょう。

 

そして、デバイスから接続したマイクを選んでOKをクリックします。

 

これだけ。あとはマイクに向かってしゃべると、ミキサーのマイクのゲージが緑で増えたり減ったりします。マイクに声を通すとOBSに声が入力されて、緑のゲージが右へ動きます。

この状態になればOBSに声が入力されている状態になっているということです。

あとは録画して、声が入力されるか確認してみましょう!

次の記事はまとめのページからどうぞ→OBSの使い方と問題解決まとめページに戻る

-未分類

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.