撮影環境

OBSで配信も録画もカクカクする場合に見ておく場所

更新日:

OBSstudioでの配信・録画のカクカクを直していきましょう。まずはあなたのPCのスペックでどれくらいの画質で配信&録画できるのかを確認していきます。PCのスペックぎりぎりの画質を知っておけば、無理な負担をかけることもなくなり、結果的にカクカク配信&録画を防ぐことができるようになります。

あとは、画質を上げたいと思ったときにどのスペックを上げたらよいのか、他にカクカクを防ぐ方法は無いのか、じっくり語っていきますのでどうぞ参考にしてください^^

PCのスペックに合わせて画質をギリギリまであげる

YouTubeでの配信や録画には推奨映像ビットレートがあります。※もちろんTwitchやニコニコにもありますので、動画投稿サイトの公式推奨ビットレートをご確認ください

推奨ビットレートに当てはめてOBS側を設定していきます。具体的にはYouTubeにおける最高画質設定から少しずつ下げていってカクカクしなくなったらそこが限界、という流れでやっていきます。カクカクしなくなったところがあなたのPCでの配信&録画できる最高の画質ということです。

以下の表を見てください。

これはYouTubeの録画動画の推奨設定です。ゲーム実況の場合は1080p/60fpsということで、推奨ビットレートは12Mbpsであるということがわかります。OBS側の設定で、解像度1080p、フレームレート60、映像ビットレートを12000にして録画をしてみましょう。これでカクカクしなければ設定は終了なのですが、カクカクしてしまう場合は少しずつ解像度やフレームレートを下げて、カクカクしないギリギリの部分を探っていきます。

詳しいやり方は以下の記事に詳しくまとめましたのでご確認ください。→OBSの画質をPCの性能ギリギリまで上げる方法[録画編]

 

解像度を下げて見る

まずはOBSから出力される映像の解像度を下げることでカクカクを防ぎます。解像度を優先して下げるのは「動きの多いゲームをする場合」です。動きが多いゲームはフレームレート下げると何が起こっているのかわかりづらくなってしまいますので、画質の方をさげることでPCへの負担を軽くします

OBSの右下、コントロール欄から「設定」→「映像」→出力(スケーリング)解像度を「1280x720」に変更してみてください。

これで1080から720に解像度が変わりましたので、推奨ビットレートの表どおりに「7.5Mbps」に変更します。解像度の変更は出力タブ→映像ビットレートの値を7500に変更するばOKです。大分軽くなったはずですので、録画して動画を確認してみましょう。

これでもカクカクするようなら同じように480pにしてビットレートを4000にしてみましょう。カクカクしないギリギリまで画質を下げて、PCのスペック限界を探ってみてください。

 

フレームレートの下げ方

フレームレートは最高60で配信録画ができますが、30でも動きが悪すぎると感じる視聴者さんはいないでしょう。動画がカクカクするようであればフレームレートを下げて、映像ビットレートを下げていきましょう

フレームレートは「設定」→映像タブ→FPS共通値を30にすればOKです。

例えば1080p/60fpsだと12000のビットレートが推奨ですが、1080p/30fpsだと8000でOKです。720p/30fpsまで落とせば5000でいいので、半分以下に下がります。解像度を下げるだけではカクカクが止まらないならフレームレートを下げてみてください。

 

PCゲームの配信は想像以上にスペックを要求される

PC1台でゲームをやりながら配信もしようとした場合は、主にCPUが原因で配信動画がカクカクしてしまいます。PCゲームは現状CPUを4コア使うものが多く、重いゲームだとそれだけでいっぱいいっぱいになってしまいます。動画の配信や録画を使用とすでにCPUの処理速度の限界に達してしまい、ゲームも録画配信も、カクカクしてしまうのです。

また、PCゲームの中にはフレームレートを最大化させるためにPCのすべての能力を使い切ろうとするものがあります。「とにかくPCの性能をすべて使いきってやろう、グヘヘヘ」という感じですね。フレームレートの制限をかけられないゲームも多々あります。だから、ゲーム内の画質をガッツリ下げても「お、余裕あんべー。じゃあFPSに全振りしようぜ!」ってなって、140fpsを超えてしまったりします。結局OBS側に使う余力はPCに無くなってしまうという感じで、動画がカクカクします。

この状態ではどんなに画質を下げてもOBSでヌルヌル動くような配信はできません。ゲームをプレイするには問題ないのに、ゲームさんは「まだ最高の状態じゃないからこっちに力使って?」とCPUやメモリを奪ってしまうんですね。たとえば、「ゲームを最高の状態で動かす能力+OBSでヌルヌル動くレベルに配信&録画することができる」というPCを用意するには、おそらく20万~30万円ほどのコストがかかるでしょう。恐ろしいですね。

そこで、なんとか低コストで解決する方法をと考えた時に出てきたのがPC2台での配信です。

 

低スペックの配信用PCを用意しよう

30万円のPCを買うのは無理な人が多いはずなので、なんとか頑張って3万円程度(グラボはミドルクラスで!)のPCをもう1台用意して、PC2台での配信録画環境を整えてみましょう。ゲーム用のPCから映像だけキャプチャーボードで新しく買った配信用のPCへ入力します。2台で運用すればヌルヌル配信&録画が可能です。

配信側のPCは、安いCPUをのせるのであればグラボだけGTX600番台以降のグラボを用意しましょう。中古のPCで1~2万円のものを買って、1万円程度の「NVENC」というエンコードができるグラフィックボードを載せれば配信用PCの出来上がりです^^世代が古い上級CPUが乗ってるものだったら安く手に入ります。ドスパラのCPU比較などを見て、古い世代のCPUが乗った安いPCを買ってしまいましょう。ドスパラのCPU比較

 

ちなみにSLOPPYでは以前corei5-2400の乗ったPCにグラボを乗せて配信していました。安いものを探せば全部で3万円ほどでしたが、NVENCでのエンコードであれば十分なスペックでした。ゲーム用PCにmonsterXなどのキャプチャーボードを接続して、配信側のPCにUSBで接続。OBSに取り込めば、配信側のPCはOBSで配信&録画することに専念することができます。いつまで経っても取れないカクカクがあら不思議、ヌルヌルの60hzで配信&録画することができますよ^^

NVENCの設定の方法はこちらの記事を参照してください→グラボを使った「NVENC」という録画方式でカクカクを防ぐ

 

まとめ

これでPCゲームの配信録画がうまくいけば、PS4などの録画配信も楽勝です。キャプチャーボードにPCをつなぐ代わりにPS4をつなげばよいだけです。

ひとまずお持ちのPCでの配信&録画のギリギリの画質を探るところから始めて、画質を下げるもよし、CPUのスペックを上げるもよし、配信用PCを購入してNVENCでエンコードするもよし、です。じっくり設定を変更していけば必ずうまく録画できるようになりますので、頑張ってください!

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.