撮影環境

OBS studioで生配信!youtube側設定を解説

更新日:

OBSstudioを使ってYouTubeで生配信できるようにするまでの流れを解説します。意外とサクッと配信できるようになります^^

YouTubeで生放送するための設定

まずはYouTube側の設定からご説明していきます。

1:Googleアカウント作成

Googleアカウントを持っていないとYouTubeで配信ができないので作ってしまいましょう。

Googleアカウント作成

電話認証を終えたらYouTubeで動画をアップロードできるようになります。

 

2:YouTubeのライブストリーミングを有効にする

YouTubeのクリエイターツールを開いてみましょう。

上の画像のように、YouTubeにアクセスして右上の自分のアイコンをクリックすると「クリエイターツール」という欄がありますのでこれをクリックしてください。

左のメニューからライブストリーミングをクリックして、「有効にする」をクリック。

これでライブストリーミングが有効になりました。

 

3:イベントスケジュールの作成

イベント=「生放送」です。生放送の準備をYouTube内でやることを、イベントスケジュールの作成と言います。

クリエイターツールの左のメニューから、「ライブストリーミング」を選んで「イベント」を選び、「新しいイベントスケジュールを設定」をクリックしましょう。

次に生放送のタイトルや、説明欄を記入していき、「予定を作成」をクリックします。

ストリームキータイプの選択から、「再利用できるストリームキー」を選び「新しいストリームを作成」をクリック。

ストリームキーに名前をつけ(重要ではないので「テスト」とかで大丈夫です)、「説明」は空欄でOK、解像度とフレームレートを決めます。(解像度やフレームレートが決まっていない方はこちらを参照して決めてください→OBSの画質をPCの性能ギリギリまで上げる方法[録画編]

「変更を保存」をクリックして作成を完了させます。

「再利用できるストリームキー」を選択し作成したものを選んで、エンコーダは「その他のエンコーダ」を選んでください。

最後にストリームキーをメモ帳などにコピペしておきましょう。「変更を保存」をクリックしたら準備完了です。

 

4:OBS側の設定コントロール欄の「設定」→「配信」タブへ。

「サービス」を「YouTube」、「ストリームキー」に先ほどコピーしたストリームキーを入力して「OK」をクリック。

コントロール欄の「配信開始」をクリック。(まだ配信されないのでご安心ください)

これでOBSの設定は完了です。

 

5:配信開始!

YouTubeに戻って「ライブコントロールルーム」をクリック。

「プレビュー」を1度クリックすると、そのボタンが「配信開始」に変わるのでもう一度クリック。

これで配信が開始されます。お疲れさまでした!

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.