OBSで配信と録画を同時に行ってもカクカクにならない方法

今日は配信&録画を同時に行ってもカクカクにならない方法をお伝えします。

OBSの映像ビットレートの設定ですが、「設定」→「出力」→「録画品質」→「配信と同じ」にしている人が多いのではないでしょうか。

この状態だと、「配信は画質低くてもいいけど、録画はきれいに録りたい!」という場合に大変です。録画品質に合わせて配信の画質も上げないといけないので、CPUが悲鳴を上げてカクカクします。

OBSには「配信と同じ」にすればCPU不可が増えるようなことは書いてありません。しかし、配信&録画だと明らかにCPUに負荷が増えていることは確認できてます。

というわけで、CPU負荷を分散させるために「配信と同じ」をやめて、最高のセッティングしてみましょう!

目次

配信はNVENC、録画はソフトウェア(x264)

「録画品質」を「配信と同じ」から変更すると、

「警告:配信と録画を同時に行う場合に異なる品質でソフトウェアエンコーダで録画する場合にはさらなるCPU使用率が必要になります。」

と表示されます。

これにビビって、最近までは配信と録画の品質を同じにしていたのですが、ふと思いついて、

「配信」の「エンコーダ」を「NVENC」に変更したところ、警告メッセージが消えました(祝)!

もちろん録画は画質がきれいなソフトウェアエンコードのままにしておきます。グラボで配信、CPUで録画、という形ができるんですね!

具体的な設定

うちでやってる設定を公開してみます。参考にしてみてください^^

配信用PCのスペックは

  • CPU-7700k
  • メモリ-16GB
  • グラボ-1060/3GB

です。このPCでゲームを立ち上げることはありません。配信専用ですね。

OBS上の設定については以下です。

「配信」は、

  • 映像ビットレート-9000
  • エンコーダ-ハードウェア(NVENC)
  • 音声ビットレート128

「録画」は、

  • 録画品質-超高品質、ファイルサイズ大
  • 録画フォーマット-MP4
  • エンコーダ-ソフトウェア(x264)

となっております。

カクカクしてしまう場合はCPUの性能の問題ですので、配信の映像ビットレートを下げたり、録画の録画品質を下げましょう。

下げ方はこちらで説明しています→OBSの画質をPCの性能ギリギリまで上げる方法

今回は以上です、最後までお読みいただきありがとうございました!

→OBSの使い方と問題解決まとめページに戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次