編集

ゲーム実況で録画する時間とカットの話

投稿日:

2時間撮影して30分にすれば面白いところがずっと続くクオリティーの高い動画になる。

しかし、編集がめちゃくちゃ大変。

逆に30分撮影してカットしなければクオリティーは低くなる。

しかし、編集がめちゃくちゃ楽。

 

単純にたくさんカットすれば面白くなるってわけでもない

ただし、2時間撮影すると黙ってる時間とか、画的に面白くないところが多くなってカットする「割合」は増える。

その分編集に時間がかかる。

一方30分撮影の場合はもともと短い時間しかゲームができないんだから、「声だしてこー!」とはじめに言っておけば結構ずっと盛り上がったまま最後まで行ける。

編集はテキストをぶち込むだけで十分だったりする。

 

どちらでやるのも好みの問題。動画編集にストレスがなければ2時間のほうがクオリティーは上がる。

動画編集が面倒という人は、30分でやればいい。

どちらにしても続けないと意味がないのでストレスが少ない方をおすすめする。

 

 

大量カットはストーリーの筋がわかるように

長時間撮影&大量カットの場合、ストーリーの筋もわかるようにしないといけない。

大量カットの影響でストーリーがわからなくなるので、説明を入れたりするのが結構たいへんだ。

ここまでやってるゲーム実況者はいない。

 

だから、テレビの編集やってる人って本当にすごいなって思う。

適当にやってる番組レベルでも仕事として強制されなかったら大変でやってられない。

アメトークの編集とか見てみたいなぁ。

 

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-編集

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.