撮影環境

マイクの音が「サー」と鳴ってしまうのを解決しよう!

投稿日:

ども、SLOPPYのツカです。今日はノイズ対策についてお話していきます。

ノイズとは、マイクをPCに接続したときに「サー」とか「ジー」と鳴っている音のことです。

これに悩んでる人はかなりたくさんいると思いますので、どんな状況の時ノイズが鳴るのかと、改善方法をお伝えしていきます。

 

サーっというマイクのノイズがなる原因トップ3

①ダイナミックマイクやUSBをPCに直接接続するタイプのマイクを使っている→ダイナミックマイクやUSBで直接PCに接続するタイプのコンデンサーマイクはサーっというノイズがのりやすいです。特にダイナミックマイクは入力感度が悪いので、音を大きくするのと一緒にノイズも大きくなりがちです。

②PC、エアコン、扇風機などの近くにマイクがある→当たり前ですがPCの近くや、エアコン・扇風機の風が当たる場所にマイクがあると「サー」とか「ビー」という雑音が入力されてしまいます。マイクからはできるだけ話すようにしましょう。

③ノイズ抑制する前にコンプレッサー→大きな音量をつぶすためのコンプレッサーですが、相対的に小さな音が大きくなるという一面もあります。コンプレッサーをノイズ抑制する前にかけてしまうと、ノイズも相対的に音量が大きくなります。

 

たいがい①マイクの問題、解決方法はオーディオインターフェース+コンデンサーマイク

音質を気にするのであれば「オーディオインターフェース+コンデンサーマイク」で録音することで、ノイズや音質の問題は一気に解決します。

とくにノイズに関してはオーディオインターフェス+コンデンサーマイクのコンボで、ほとんど聞こえないレベルになります。

つなぎ方はコンデンサーマイク→(XLRケーブル)→オーディオインターフェース→(USB)→PCでOK。

マイクについてはこちらで詳しくお話してます→OBSの設定をいくらいじっても音質が良くならない理由

 

コストは2万~3万ほどかかりますが、一回かったら5年は使えますので頑張って揃えてしまえば勝ちです!w

 

まとめ

ノイズの原因はほとんどの場合マイクにあり。ネット上には「電源の問題」とか、ホコリがどうとか色々言われますが、だいたい「使ってるマイクが用途に合ってない」ことが原因です。

家の静かな環境で、良い音質で録音したい!ということであれば、コンデンサーマイクとオーディオインターフェースを使ってPCに接続することをおすすめします。

 

今回は以上です、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2019 All Rights Reserved.