撮影環境

GV-HDRECをPCにつないでも使えなかった

更新日:

GV-HDRECはPCレスで録画できるオーディオキャプチャーで、ほぼ劣化無しで録画できる素晴らしいキャプチャボードです。

ただ、PCへ映像を出力するのに使えるかというと、できない。とりあえずできないってところだけ伝えておいて、ここから下は結論に至るまでのはなし。

 

PCのキャプチャーソフトってやつが使ってみたかった

キャプチャーした映像をリアルタイムでPCに出力できる「キャプチャーソフト」ってのを使ってみたかった。今後生放送とかやるかなーって思ってた頃の話です。

もともとGV-HDRECというキャプチャーボードを使っていて、これがめちゃくちゃ画質もきれいに録れるし、PCに接続できたら最高だなって思って検証してみました。

だから、もしGV-HDRECからパソコンにUSB出力できるならUSBケーブル買おうって思って調べてたんだけど、ネット上には情報がない。検証してブログなどに書いた人がいないんでしょう。

I-O DATAのホームページにも書いてないですしね。PCレスで録画はいいんだけど、PCでやりたい。

 

しょうがなく、北千住のノジマ電気に行ってみたら、今度はAtoAのUSBケーブルなんて小さな電気屋じゃ売ってないことが判明。AtoAってのは大きい形のUSB端子が両端にあるタイプ。そんなものは時代の流れの上流で化石になってしまったようで、ネットとか、専門店に行かないと売ってない模様。

 

そんで、今度は秋葉原のヨドバシまで行ってやっと購入。繋いでみたら結局認識しないもん。残念。という結果でした。

 

GV-HDRECって安くて画質がいいから買う人多いだろうし、おんなじこと考えてる人もいると思うんだけど、ネット上に情報はなかった。個人から出る情報の必要性だよねぇ。ブログやる人は少しずつ増えてるだろうけど、まだ足りないんだろうな。とかIT時代を俯瞰してみる。

 

まとめ

GV-HDRECはPCに接続して認識させることはできない。

現在はMonsterXというキャプチャーボードとOBSというキャプチャーソフトで楽々録画配信してます→OBSの使い方と問題解決まとめページ

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.