撮影環境

標準ステレオ分岐ケーブルの使い方-実況機材

投稿日:

同じ音をヘッドフォンで2人で聴きたい。

「標準ステレオ分岐ケーブル~~~~!」

同じ空間で2人以上で実況やるときはヘッドセットでは難しい。声が2重に録音されるから。自分のマイクと、もう一人のマイクね。

あとゲーム音も聴けない。マイクでゲーム音とってしまうとあとで編集がめちゃくちゃ大変になる。ゲーム音がダブってもわもわしたりするので。

標準ステレオ分岐ケーブルで解決しよう。

ちなみにヘッドフォン端子に差し込んでも音声は問題なく流れる。SLOPPYではUR22のヘッドフォン端子からミキサーのラインLR(赤白)端子へ流し込んでいる。

空間は無音状態で2人で同じ音声を聞きたい

そんな時に使ったりします。

SLOPPYでは2つに分けたあと2台のミキサーに分けて入れます。

ミキサーには2台のPS4から、片方はミキサー1へ、片方はミキサー2へ音を流しています。

つまり、

ミキサー1:声&PS4-1のゲーム音

ミキサー2:声&PS4-2のゲーム音

が流れているわけです。

違うゲーム音、同じ声を聞いています。

 

標準ステレオ分岐ケーブルの特徴

先っぽに黒い線が2つあるから気を付けて。

黒い線1つだけだとモノラルって言って、片耳からしか音が出なくなっちゃうので。モノラルはギターのシールドと一緒です。黒い線が一本。

標準ステレオ分岐ケーブルの分岐側

穴が2つ空いています。

ここに標準ステレオを2つ用意して差し込めばいい。ミキサーに流し込んでしまえばまたヘッドフォンで聴ける。

いいじゃろ?

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-撮影環境

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.