OBSstudio

初めてのOBS studio・各種ボタンと使い方解説

更新日:

ついにOBS studioを起動できましたね。このページはOBSを起動したら始めに見ていただきたい説明書です。画面にいろいろ出てると思いますので、一つずつ短く、わかりやすく解説していきます。

OBS studioの画面をばばっと解説

以下の画像を見てください。赤丸で囲い、左から順番に番号を付けておきました。番号順に説明していきます。

①シーン

まずはシーンについてご説明します。OBSは後で説明する「ソース」(画面や音声などの要素をOBSstudioではソースって言います)を複数使って、それらをまとめた映像を配信&録画することができます。①「シーン」とは、ソースのまとまりのことを言います。

たとえば「PS4を配信するためのシーン」と「休憩中に表示させておく画像だけ(声も入らないように)のシーン」と「実写配信のシーン」というように、ソースのまとまりをあらかじめ作っておけば、クリックするだけで配信する映像をらくらく切り替えられる、というわけです。

赤丸①の空白の部分を右クリックすればシーンを追加することができます。シーンについてはソースが何なのかをしっているとわかりやすいので、このまま次の「ソース」の説明へ進んでください。

 

②ソース

「ソース」というのは、パソコンの画面(ウィンドウ)とか、取り込んだPS4の映像(映像キャプチャデバイス)とか、画像、声を入れるためのマイクの音声、discordの音声などなど、配信録画するための映像や音声などの要素のことを言います。前項で説明した「シーン」はこれらの映像や音声ソースを組み合わせてセットにしたものと考えてよいでしょう。

例えば、PCのゲーム画面を「ゲーム」というソースで表示させ、映像の上にtwitterのアカウント名を「テキスト」というソースで表示させます。2つのソース追加することで、ゲームプレイ画面の上にtwitterのアカウント名が表示されている映像を配信&録画することができるようになります。

ソースも赤丸②の空欄部分を右クリックして追加していくことができます。

 

③ミキサー

OBSstudioに入力されている音声が並んでます。初めて起動した場合には「デスクトップ音声」と「マイク」の2つが表示されています。それぞれの音声ソースの右側に歯車のマークがあります。この歯車をクリックすることで音声の設定をやっていきます。音声の設定に強くなると兄者弟者みたいな迫力のあるきれいな音で配信ができるようになるということです。

音声の設定についてはこちらを参考にしてください→OBSの音声設定(フィルタ)がめちゃくちゃ便利

音声フィルタいじる時は必ずモニタリングをしながらやりましょう。モニタリングせずに設定をいじっていると時間を無駄に浪費することになります。モニタリングをする方法はこちらの記事を参考にしてください→OBSの音声設定は色々やる前に正しくモニタリング設定をしよう

 

④コントロール

コントロールで使うのは「配信開始」、「録画開始」、「設定」の3つです。「スタジオモード」は使わない人がほとんどなので省略します。私も使っていません。「終了」はOBSを閉じる時に使いますが、右上の「x」でも閉じられます。

特に時間をかけることになるのは「設定」です。画質の調整や、配信の設定、録画した動画の保存場所、モニタリングの設定など、いろいろ工夫していくことになります。「設定」に関しては長くなりますので別記事で詳しく説明していきます→OBSの右下にある「設定」ウィンドウをざっくり解説

 

まとめ

上記の4つ以外に触ることはほぼないと思います。まずは、シーンを追加して、ゲームの映像を取り込むためのソースを追加しましょう。ゲーム画面をOBSに表示することが第一歩となります。マイクの設定などはそれからゆっくりやっていきます。私も安定して録画ができるようになるまでに半年以上かかっています。録画ができていなかったり、映像がカクカクしたり、音声がループしてハウリングしたり…。

だいたいのことはまとめページで解決できるようにしましたので、困ったときは見に来てください^^お待ちしています。

今回は以上です、お疲れさまでした!

今回ご紹介した関連ページ

・マイクなどの音声の設定→OBSの音声設定(フィルタ)がめちゃくちゃ便利

・配信する音声をモニタリングする方法→OBSの音声設定は色々やる前に正しくモニタリング設定をしよう

・コントロール欄の「設定」の内容→OBSの右下にある「設定」ウィンドウをざっくり解説

OBSの使い方と問題解決まとめページ

ネットよりも調べやすいゲーム実況の参考書を作りました!

私はゲーム実況の環境をネットで調べながら構築したのですが、古い情報が検索上位にあったり、必要な情報がぜんぜん出てこなくてかなり時間がかかりました。

また、良い機材を探すにも「おすすめ10選!」のような記事が多くて、「そんなにあっても選べません…!」と悩んだり、買ってみて失敗ということも多く無駄なコストがかかってしまいました。

  このような問題が起こらないように、ゲーム実況の知識がまったくなくてもすぐに環境が構築できる本を作りました。

この本は常に更新しているのですべてが最新情報を保っており、アップデートされたらいつでもダウンロードし直すことができます。

内容は、ケーブルや端子の話のような基本的な知識からじっくり解説していきながら、ブログでは書いていない上級者でも知らない裏技(OBSプロジェクターの使用率を1/4にしてゲームの動作を向上させるなど)も掲載しています。
 
これからゲーム実況を始める方はこの本1冊で、私が環境構築にかけた1年以上と50万円くらいのコストを削減できるはずです!
 
↓↓↓もくじや内容の詳細をぜひご覧ください!↓↓↓

 

-OBSstudio

Copyright© SLOPPY GAMES , 2018 All Rights Reserved.